「しぼりかす」で練りゴマを作る

「しぼりかす」だけで練りゴマは作れるのか?

「しぼりかす」だけで練りゴマは出来ないのでしょうか?というご質問をいただきました。私も最初は「なかなか難しいです。油も少なくなっていますので。」とお答えしていましたが、今回もう1度試してみました。結果やいかに

ゴマしぼりかす

洗いゴマの「しぼりかす」です。SHiBORO-miniでは1度に18g、Pro-65では1度に65gのゴマを搾ることが出来ます。1回分くらいであれば、「しぼりかす」もそんなに多くはないのですが、何度も搾ると思いの外「しぼりかす」が貯まっていきます。色々と「しぼりかすを食べよう」のページで「しぼりかす」の活用方法載せておりますので、そちらもご参考にされてください。
  今回はなるべく多くの「しぼりかす」を消費するために、「しぼりかす」だけで練りゴマを作ってみました。

ゴマしぼりかす

洗いゴマを焙煎します。今回は鍋をIHヒーターにかけて焙煎します。弱火でじっくりとかき混ぜながら焦がさないように炒ります。

ゴマしぼりかす

 練りゴマ製造機に行ったゴマの「しぼりかす」を投入します。あまり1度に多くの「しぼりかす」を入れると、機械が止まってしまうので、機械の様子を見ながら少しずつ投入します。原料があまりに少なすぎるのもあまり良くないので、機械の状態を確かめながら入れていきます。

 この練り工程を滑らかになるまで続けます。今回は約6時間練りました。油分が少ないので、練りになるまでに時間がかかります。ここでゴマ油を加えてしまうと、何のために搾ったのか良く分からなくなってしまうので、油を入れたくなる気持ちを抑えて練り続けます。はちみつなどを入れてみるのも良さそうです。

(追記)はちみつを入れると、甘くなって美味しいです。しかし、機械運転中に入れると練りゴマがすごく硬くなって作業がしづらくなりました。練ったゴマを別に取って、そこにはちみつを混ぜるのがオススメです。

練りゴマ

練りゴマ完成しました!!「しぼりかす」なので油分が少なく難しいかと思っていましたが、出来ました。ちょっと普通の練りゴマと比べると、コクが少ないような気がします。油が少ないからかもしれません。約500gの「しぼりかす」からジャム瓶2本半の練りゴマが出来ました。これを元にタレや担々麺を作ってみたいです。


黒練りゴマ

黒練りゴマ

練りゴマとはちみつ

練りゴマにはちみつを加えています。パンに塗ると美味しそうです。

黒練りゴマ

練りゴマでピリ辛ダレ(固め)

練りゴマに、ハチミツと醤油、酢、酒、ニンニク、ショウガ、ラー油を加えたもの。ちょっと固めに仕上げました。固すぎる場合は、お湯などで伸ばして使いたいところ。

黒練りゴマ

練りゴマでピリ辛ダレ(固め)

ピリ辛ダレをお湯で伸ばして柔らかくしてみました。これぐらいの硬さが使いやすいですね。これに玉ねぎのすりおろしを加えてドレッシングしても美味しそうです。 


練りゴマ機械

 今回使用した練りゴマ機はこちら。海外製ですが、国内でも使用出来ています。元々は練りゴマを作る機械ではありません。2つの車輪が回転して原料をすりつぶしてペーストにします。日本国内ではあまり見かけない機械です。

 アマゾンでも販売されていますので、リンクを掲載します。「しぼりかす」の大量消費にオススメです。ピーナッツバターなんかも作れるみたいなので、ナッツをペーストにして楽しむのも面白そうですね。

https://amzn.to/2GhQCAW

 海外製品ですので、到着まで時間がかかったり、取り扱い説明書が英語だったり、電圧が110Vでコンセントの形状が違うなどちょっと面倒なところはありますが、操作自体は簡単です。

販売、サポートに関しては、弊社では行ってはおりません。ご注意ください。

玉ねぎドレッシングをエゴマ油で作る

エゴマドレッシング

玉ねぎドレッシングを作ってみました。

今の時期、新玉ねぎが甘くて美味しいですね。

材料

・玉ねぎのすりおろし

・ポン酢

・砂糖

・醤油

・エゴマ油

各々の量は調整ください。今回は玉ねぎを1玉、ポン酢80CC、 砂糖大さじ1、醤油 小さじ1 、搾ったエゴマ油 15g

エゴマドレッシング

エゴマ油を、ゴマ油やサチャインチ油など色々と変えても美味しいと思います。お好みでラー油やにんにくを入れても良いかも。

エゴマを搾るのページに戻る

https://www.ishinoss.jp/egoma.html

 

ホームベーカリーで黒ゴマ「しぼりかす」パンを焼く

SHiBOROで黒ゴマを搾った「しぼりかす」で黒ごまパンを作ってみました。

黒ゴマしぼりかすパン

使った黒ゴマ「しぼりかす」は20g。フードプロセッサーで事前に粉砕したものを使っています。

黒ゴマしぼりかすパン

強力粉 260g  スキムミルク 5g 砂糖 19g 塩4g 無塩バター 20g ドライイースト3g 水180cc  ごま油15cc 黒ゴマ「しぼりかす」20g

上記の材料をホームベーカリーに入れてスイッチオン。

黒ゴマしぼりかすパン

約4時間で焼き上がりました。

黒ゴマしぼりかすパン

会社で作ったので、3時のおやつに皆んなでいただきました。ごちそうさまでした。

しぼりかすを食べよう へ戻る

https://www.ishinoss.jp/shiborikasu.html

 

「しぼりかす」でゴマダレを作る

ゴマダレ

ゴマを搾った「しぼりかす」何度も搾ると結構な量が貯まります。捨ててしまうのは勿体ないけども、食べるのも限界があるし。。。

そんなときはゴマダレにしましょう。「しぼりかす」をまずフードプロセッサーで砕きます。砕く前に軽く炒ると更に風味が増します。

ゴマダレ

ゴマしぼりかす、醤油、だし汁、砂糖、酢

ゴマダレ

黒ゴマしぼりかす、醤油、酢、砂糖、ラー油、おろしにんにく

ゴマダレ

白ごましぼりかす、マヨネーズ、ポン酢、砂糖

分量はしぼりかすの量によって調整します。しぼりかすは油が少なくなっているので、だし汁やマヨネーズなど液状のものが多い方が美味しくなります。

しぼりかすを食べよう に戻る

https://www.ishinoss.jp/shiborikasu.html

油淋鶏を作る

SHiBOROで搾った油で、油淋鶏を作ってみました。

鶏もも肉にニンニク、生姜、お醤油、みりんで下味をつけて、薄力粉をまぶして揚げます。(揚げ油は市販の油です)

お酢と唐辛子を混ぜてかけ、白髪ねぎを載せた後、熱したごま油(大さじ2)をジュワッとかけて完成です。

ジュワッとかけるところが大事ですが、かけるのに夢中で写真を撮り忘れてしまった。。。

津和野産のエゴマを搾る

搾油機 SHiBORO-Pro30で津和野産のエゴマを搾ってみました。

今回は焙煎してから搾ります。焙煎がなかなか難しい。やりすぎると焦げた匂いが付いてしまいます。低温でじっくり焙煎。香ばしい匂いがしたら終了。

シリンダーにエゴマを入れます。もうちょっと少なめに入れても良いかもしれません。

ハンドルを操作して、油が出てきました。焙煎して温かいうちに搾ると、油の流れも良く、搾りやすいです。

人生の楽園でSHiBORO発見!

2017年12月2日に放送された、テレビ朝日「人生の楽園」で岐阜の山田さんが取り上げられていらっしゃいました。山田さんはお茶の実を油にして活用されています。SHiBORO-Pro65ご使用いただいておりまして、搾る様子が何度も放送されました。大変ありがたい。ホームページにも載っていまして、これまたありがたい。

http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/backnumber/0090/

お茶の実の油は化粧品などに活用されるとのこと。

クレジットカード決済追加

 お買い上げにクレジットカード払いを導入しました。ご要望頂いたお客様、お待たせいたしました。

VISA/JCB/Master/Diners/AMEX がご利用可能です。引き続き、代金引き換え、銀行振込、郵便振替もご使用出来ますので、ご都合のよろしい方法にてお待ちしております。

オレンジをSHiBORO-オリーブ&ジュースで搾る

オレンジをSHiBORO-オリーブ&ジュースで搾ります。今回は3個使用しています。皮をむいて、半分に切り、搾り袋に入れて準備します。搾ったジュースが出てきました。 ちょっと飲んでしまったので、少なくなっています。袋に入れるとキレイなジュースが絞れるので楽ですね。家で搾るならカンパリオレンジか、スクリュードライバーになるでしょう。

SHiBORO-Olive & Juice でグレープフルーツジュースを搾る

オリーブオイルを搾るように開発した、SHiBORO Olive & Juice でグレープフルーツを搾ってジュースにしてみました。大きめのものを2個使用。皮をむいて、半分にします。

 搾り袋に入れているので、皮や果実の周りの白い部分も出てこず、キレイな状態で絞り出てきます。
 ジュース完成。2個で一杯分でした。家で搾っていたら、何かしらのお酒を割って飲みたいところ。カンパリグレープフルーツが良いかも。今日は残念ながらの会社搾り。